<   2013年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

長らくお付き合いいただきました。


b0198696_2359574.jpg


2時間かけてマラッカより戻ってからは

集合時間まで酒をかっくらってマレーシアにお別れです。


最終日もツインタワーが見えるレストランで軽食。

帰りも韓国で4時間ありましたが
早朝から飲まさせていただきました(笑


余談ですが、
今回はコリアン・エアーでしたが、、
千歳を発った途端に日本語が不自由になる状況に打ちのめされました。
(いつもは日本の航空会社なので現地に着くまでは実感がなかったんです。。)
紅茶を頼むもお湯が来てみたり‥
(ビールとワインが一番、頼みやすかったw)
なんと言っても‥
映画が韓国訳しかない!!!
ディズニーの新作を絵だけで観賞しました。。が
いつもより ものすごく長いフライトでした。
次回からはやっぱり日本の会社にしようと心に誓った日本語しか話せない日本人です‥



とっても楽しかったマレーシア。


今回、旅をするにあたって、
行く先、行程は全て‥私に一任でした。


カンボジア、ベトナム、台湾、香港。

色々、錯綜しながらも決定したマレーシア。

予約してみてからネットで検索すると

見所の無いマレーシアとの書き込みが多数あり 1凹↓

イスラム圏なので酒の値段が高いと聞き2凹↓↓


でもすごく楽しかった。
今旅で自分の『建物フェチ』を実感しました。
新旧、思い残すことなく堪能させていただきました。

そして酒好きも(笑
酒は東南アジアの物価としてはお高めですが、
日本で飲むよりはちょっと安い。

お気づきかと思いますが
かなり飲み食いしたんですが、
お小遣いはトータル3万くらいしか使いませんでした(驚

満喫しました。
マレーシア。



b0198696_0144260.jpg


また来るね!
ツインタワー!!


今回は
リゾート好きの旦那に遠慮して諦めたけれど‥
いつか旦那と
私が20年も前から憧れてやまないマレーシアの『ペナン島』へ行きたいな

[PR]
b0198696_21473493.jpg


『ババ・ニョニャ・ヘリテイジ』
中国移民の男性(ババ)とマレー人女性(ニョニャ)の子孫で大富豪の邸宅が
博物館になっています。

ここ写真撮影が禁止なのが残念なくらい!
家に持ち帰りたくなるようなアンティークがいっぱいでしたヽ(・∀・)ノ


b0198696_21463430.jpg
b0198696_2147883.jpg


『青雲亭(チェン・フーン・テン)』

1646年建造の中国南方様式のお寺


b0198696_2157557.jpg
b0198696_21571895.jpg
b0198696_21573064.jpg
b0198696_21574336.jpg
b0198696_21575682.jpg


やっぱり見ごたえがあります。
中国寺院は+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

b0198696_221081.jpg


こちらへ来て食べてみたかったニョニャ料理。
中国とマレーの融合文化だそうで‥
甘いものあり、辛いものあり、
私は大好きでした。


b0198696_2211137.jpg


酒にあいます(ウフ


先日の一日観光で出会った方は
先にマラッカ観光を済まされていて

『2時間もかけて行っても、何もなくてつまらなかった』

という感想を聞いていたので

ちょっぴりドキドキの訪問でしたが、、


私は満足満足の観光でした。



改めて、、

何を面白いと思うかは人それぞれ。


次回は一泊してみたいという野望も出来ました♪
[PR]
滞在最終日は

クアラルンプールでバス移動2時間。


『マラッカ』観光。


b0198696_23412568.jpg
b0198696_23414026.jpg


ピンクの建物が印象的な『オランダ広場』
オランダ統治時代に建造され
全て赤土のレンガだそうです。
こんなに鮮やかな色が違和感無く存在してるのがいいなぁ。

b0198696_23421264.jpg
b0198696_23423046.jpg


町並みもきれいです。

本当に小さな小さな広場ですが、見ごたえ充分!!

b0198696_23532923.jpg


そこから丘を登ると 遠くに見えるマラッカ海峡。


b0198696_23523854.jpg

b0198696_23543035.jpg


更に登った先に『サンチャゴ砦』

ここは歴史に疎い私でも記憶に残る
ポルトガルのザビエルさんの遺体が一時保管されていた砦。
ザビエルさんの像が出迎えてくれます。

ポルトガルが建造し、今では門を残すのみ。


b0198696_23554919.jpg

b0198696_23545195.jpg
b0198696_2355290.jpg
b0198696_2355235.jpg

b0198696_235678.jpg


ザビエルさんはマラッカから日本へ向かったそうです。



マレーシアに来て、マラッカに来て、

昔の記憶が呼び起こされる単語がいっぱいありました。

マラッカは当時では貴重な『コショウ』があって
このコショウを巡っての戦争。
『東インド会社』に『フランシスコ・ザビエル』

居眠りしていた授業で突然、目を覚まし、
記憶が断片的に蘇るような感覚。


でも眠ってたのでね、点と線は繋がりません(残念!
[PR]

最近のニィの夢は2つあります。

ひとつは『ロックスター』になること。


もうひとつは『ドラえもん』になること。


今日、その夢がひとつ叶いました。


b0198696_23372456.jpg


by マクドナルド ハッピーマックセット
    (光ります♪)
[PR]
by mipotta | 2013-03-20 23:38 | 家族
b0198696_222210100.jpg
b0198696_22221378.jpg


『ペドロナス・ツインタワー』

今やマレーシア(クアラルンプール)の絶対的象徴であるタワー。
ひとつは韓国、ひとつは日本の会社が建ててるとか。
頂部はお国柄でモスクを模してるらしいのですが、私にはその感性はわからずw
近年はこのあたりを巡る高層化も激しいようで
きれいに見えるスポットとしてガイドされました。


だけどね‥


b0198696_22274135.jpg


近くで見た時のその存在感。
圧倒間。
やっぱり違います!!

b0198696_22281482.jpg

ビル前の公園もきれいに整備されていて感動しましたが


b0198696_2230469.jpg

ビル内のこのショッピングモール!!

b0198696_22302928.jpg


ショッピングに興味がないなんて書いてしまってましたが、
実は元(?)買い物依存症の私。
大好きなLVを見てテンションがあがりまして、
この後、ショッピングモール内で迷子になったのは
私がこのショップを見て我を忘れたからだと母に白い目で見られました(´・ω・`;)


ついついLVで昔の自分に火が付きましたが、
ここはね、
ライトアップが見たかった!!


b0198696_22375884.jpg
b0198696_2238196.jpg



雨も降ってる。雨宿りも兼ねての
待ち時間はやっぱりこれでしょう。

何気に入ったお店。

b0198696_22393948.jpg


雨がやんであげたシェードの向こうに


b0198696_22403093.jpg




なんかすごい、いい夜!!




b0198696_2242439.jpg
b0198696_2243212.jpg


近代的・都会的なものには興味が無かったつもりだったけど、

やっぱりすごい!


もう‥しばし見ほれていました。


何もかにもに。






b0198696_2243571.jpg


そして帰り道に見えるKLタワー。
なんだかホッとするんだ。
(三丁目の~的な?w)
[PR]
b0198696_221525.jpg
b0198696_2213693.jpg
b0198696_221424.jpg


『クアラルンプール駅』

イギリス統治時代に作られた、
(やっぱり)ムーア建築の駅舎。

今までの旅行でホームを見たことが無かったので新鮮。
(世界の車窓から気分w)


b0198696_2244247.jpg


こんな日本にはない景色を見ながらの徒歩も楽しい。


けれど、今回の旅は

b0198696_2255413.jpg
b0198696_226620.jpg


街中を網羅するこのML。
とっても便利でした。
(青いコインが切符代わり。慣れるとっても簡単♪)

何度となく席を譲られたのですけど、
疲れた観光客をねぎらってなのか、
高齢者をいたわってくれたのか‥


微妙なところです。
[PR]
観光しながら歩いてると
地図上では遠いと思っていた場所も案外歩いてしまいます。


次なる目的地はチャイナ・タウン。

中国系寺院、結構好きです。


b0198696_0413824.jpg
b0198696_0415583.jpg
b0198696_042862.jpg


『関帝廟』

1887年創建
三国志の武将『関羽』が祀られているそうです。

余談ですが、、
結婚後、旦那が何度も三国志について熱く語ってくれる機会がありましたが
未だ『へぇ~』『ほぅ~』と頭に入らない私。

男の人って好きですよね。
三国志。
いや私も嫌いじゃないんです。
毎回、新鮮な気持ちで聞いてるだけで( ´∀`)ヵヵヵ





b0198696_0474614.jpg
b0198696_0475968.jpg
b0198696_0481454.jpg


『スリ・マハ・マリアマン寺院』

1873年創建
やっぱりすごいぞ。
ヒンドゥ教寺院。


b0198696_0524675.jpg

b0198696_05359.jpg
b0198696_0532160.jpg


『陳氏書院』

1897年創建

外観とは裏腹に中では静かな時間が流れている感じが心地よい。
[PR]
マレーシア2日目はフリーです。

1日目にバス観光でサラッと見たところをじっくり見たり、
バス観光に入っていなかったところを訪れたりしたい。


この日も盛りだくさんです。



b0198696_001811.jpg
b0198696_002942.jpg


『マスジット・ジャメ』

2つの川の合流点に1907年に建てられたクアラルンプール最古のモスク。
赤レンガの壁と玉ねぎドームを持つこれまた『ムーア風』

苦労して辿り着いた割りに改装中で塀越しにしか見られませんでした。


ここムガール建築の影響が大きいそうで
帰ってきてから調べたら‥
ムガール帝国の王様ってインドのタージ・マハールを建てた方だそうで、
なるほど、建物に纏う風が似てるなと改めて感動いたしました。
塀越しですけど(・∀・)



b0198696_0163898.jpg

『司法裁判所』

b0198696_017085.jpg
b0198696_0171536.jpg
b0198696_0172826.jpg

『スルタン・アブドゥル・サマド・ビル』

マスジット・ジャメから歩いて数分。
このオールドタウンと呼ばれる界隈は建築フェチの私としては
ヨダレもんです(≧ω≦)b

初日にバス観光をしたのにも関わらず再訪です!!

b0198696_2329655.jpg



オールドタウンに名残惜しくも別れを告げ歩き出すと

b0198696_03417.jpg


先ほどのマスジット・ジャメ。
違う角度からだと2つの川の合流地点に建てられたというのがわかりますヽ(・∀・)メ

b0198696_037732.jpg

[PR]
マレーシア初日のOPツアーも夕方4時に終わり‥


ここからはフリーです♪


まずは疲れた体を癒すべく


b0198696_23144951.jpg


ガイドブックに載っていた
クアラルンプールきっての繁華街(ブキッ・ビンタン)にある『良心』へ。

アジアへ旅をするとエステが楽しみのひとつなんですが、
今回は、敢えて



敢えて の  指圧  です。


もう‥すんばらしいの一言です。
(思わず訛ってしまいました)
南国風の高級感漂う店内。

ここで足ツボ、全身の指圧(90分)を受けてなんと、

105RM(約3150円)。



大事な事なので、もう一度言います。


なんと3150円!!!


ベット数が79席あるというだけに
飛び入りでも待ち時間無しでした♪

ただ、ビルの2階なんですけどね、
上がるEVが全く見つからず、、
隣だと思っていたビルからのアクセスでした。
(隣のビルでお肉を焼いていたお兄さんが迷える子羊の私たちを見かねて
 『いいから、何も言わずに任せとけ』的なゼスチャーと笑顔で教えてくれましたw)


私たちが東南アジアのゴット・ハンドに酔いしれてる間に


街はすっかり


b0198696_2325287.jpg


ネオンが瞬いています。
(最初の看板は出てから撮りましたw)

b0198696_2326798.jpg


奥に見えるのはマレーシアのシンボルタワー
クアラルンプールタワーです(美

b0198696_23263336.jpg



中国の旧正月の名残らしく街はお祭騒ぎです。



b0198696_23315956.jpg

初日は屋台で一杯♪

マレーシアの屋台で絶対に食べようと思っていたものが2つほどありました。

b0198696_23321874.jpg

まずは『肉骨茶(パクテー)』 
骨付きの豚肉や内臓を漢方のハーブと中国醤油で煮込んだ土鍋料理

これは美味でした。
コショウの味がいい隠し味だ!と思ってましたがひょっとして漢方の味かな?
最後の汁までズルズルといただきました♪
(私たちのんべなのでね、汁物も平らげるとは中々珍しいですww)


b0198696_23375988.jpg

そしてこちらが『サテー』 
鶏肉や羊肉を甘口のソースに絡めて食べるマレーシア流焼き鳥です。

これは食べなくちゃならんでしょ。
ジャパニーズ・ノンベとしては(*`▽´*)
ジャパンの塩コショウもいいけど、甘いソースも悪くない♪

しかも1本10円程度!


マレーシアの屋台。
他国に比べて清潔なような気がします。



b0198696_23324345.jpg

いつまでも花火が鳴り続ける楽しい夜。

b0198696_2332525.jpg



旅の夜は楽しい。
[PR]
b0198696_2341192.jpg


『バトゥ・ケイブ』

洞窟の中に鍾乳洞があって、
その中にヒンドゥ教の寺院があります。

ここは絶対に行って見たかった場所のひとつです♪

b0198696_2340836.jpg


大きな像はシヴァ神の次男 ムルガ神。

b0198696_23185935.jpg


ちなみに長男は日本でも有名なこの方 ガーネシャ


b0198696_23231659.jpg


この階段。
なんと272段!

大丈夫か私!?


この階段、左側はこれからお願いをする人たち
       右側はお願いをして帰る人たち
       真中は願いが叶った人たちというように分けられてるそうで

  (観光客の皆さんは自由でしたけどね)


勿論、私たちは左側をば‥


b0198696_23292763.jpg


いかんいかん‥
下を見ちゃいかん‥

実は私‥高所恐怖症の気がありまして。

体力的なもの以外にも動悸めまいが。
なんていうの‥
腰がスカスカするというか、フワフワするというか。


b0198696_23321432.jpg


b0198696_23323854.jpg


b0198696_23325935.jpg



b0198696_23334499.jpg


やっと辿り着いた思ったら中にも階段があったし‥

b0198696_23345446.jpg

b0198696_2334285.jpg



でもすごい神秘的。
洞窟の天井が抜けていて寺院を照らしています!!





ヒンドゥ教寺院との出会いは
15年くらい前のシンガポールで。
このカラフルで精巧で独特な雰囲気に心奪われました。
(あくまでも建造物としてなのですが‥)


ここはインド国外では最大級の聖地だそうで
無宗教の私も心洗われた心地です。
[PR]